【推奨馬1頭】中山記念2022予想|過去傾向データ搭載

 

本命

3枠5番 パンサラッサ 吉田騎手

 

2022年2月27日に行われる中山記念(G2)の競馬予想、

過去データから傾向をまとめました。

 

本命馬は『パンサラッサ』にしました。

この馬に行き着いた予想を説明します。

 

中山芝1800mコースの特徴

トラックバイアス情報

created by Rinker
ソル・インターナショナル(SOL International)
¥3,950 (2022/10/01 06:57:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

【2022年】中山記念予想

中山記念の傾向
  • 前走G1、G3組が優勢
  • 1番人気の信頼度低
  • 外枠劣勢大
  • 距離短縮組が優勢
  • ミスプロ系×ノーザン
  • もしくは父系にノーザン・ネイティブダンサーなど

本コースは発走地点から最初のコーナーまでわずか200mしかなく、スタートしてすぐ上り坂のコースです。つまりペースが流れにくい傾向があります。2月の中山は馬場がタフであることからスタミナも必要。

 

ロゴタイプが何度も好走していることからも、スタミナ重視の予想が馬券に繋がるのじゃ!

 

さて過去の中山記念ペース傾向をチェックすると

ペース傾向
  • 21年 34.9-35.3
  • 20年 36.0-35.3
  • 19年 35.0-35.6
  • 18年 36.2-36.6
  • 17年 37.4-34.6 
  • 16年 36.5-34.9
  • 15年 37.5-36.1
  • 14年 37.3-36.9

半数がスローペース

21年、19年はやや早い流れ

 

今年の逃げ馬候補は3頭、コントラチェックが押してくるのかこないのか。

おそらく押してこないとすればスローペースで流れるでしょう。

 

スローペースで流れた場合、このコースは内枠から前に出た馬が有利になります。

そこに前走G1、

距離短縮

ミスプロ系にノーザンなどのスタミナ補強を考えると『パンサラッサ』となりました。

 

※スタミナのあるステイゴールド産駒も侮れない!

激アツ候補

  • トーラスジェミニ
  • ヒュミドール

消し

  • ガロアクリーク

 

血統を馬券に反映できていますか?

 

血統は穴馬を見つけるのに優れた予想材料と言われています。

 

競馬評論家・亀谷さんの新作血統本は「1頭の種牡馬を覚えるだけで競馬は勝てる」をコンセプトに馬券に反映させるノウハウが満載!

 

  • 血統のどこに注目すべきか?
  • 血統で見つける競走馬の適正
  • 馬券に反映させるノウハウ

 

血統初心者・必読の一冊!