新潟芝1600m過去データ8年から読み解く傾向

 

JRA-VANデータラボのデータベースを利用したTARGET frontier JVにて、過去8年分(2012年〜2019年)のデータを使い新潟芝1600mコース傾向を分析しています。レース予想の参考にどうぞ。

 

重賞レース
  • 関屋記念(G3)8月
  • 新潟2歳ステークス(G3)8月

2019年ー29R

 

1600mは外回りコースでスタートから最初のコーナーまでは約550と長く、最後の直線は日本で一番長い659mだ。コーナーとの比較してみると、直線1209mに対しコーナーは391mしかない。ラップタイムも後良ラップの差し有利コース。なのだが、3コーナーに入る手前から上り坂でペースが緩み、さらに4コーナーを抜けるまで加速しない騎乗が多く、この中盤での緩いペースが前を行く馬のスタミナを消費させず、先行馬は直線で楽ができる展開になりやすい。そうなると、意外にも前が残るレースが多く、これは1200m、1400mと比べても1600mの方が残りやすい傾向がみられます。仕掛けが遅れたなどと言われますが、見た目以上に騎手の駆け引きが勝ち負けに大きく影響するコースでしょう。

 

  • レコードタイム 1分31.5秒

ドナウブルー 2012年8月12日 関屋記念(G3)

  • 過去最高3連単払い戻し金額 680万5,060円

2017年8月27日 五頭連峰特別(1000万下)  勝馬→メイショウオワラ (7人気)

スポンサーリンク

新潟競馬場 芝1600m 過去データ8年〜傾向

    過去8年の過去データを集計しました。データからだいたいの傾向を読み取ることができます。データは重要な部分のみを切り抜き見やすくしてあります。

    1着馬の平均

    新潟芝1600m 平均タイム

    新潟芝1600m 平均ラップタイム

    新潟芝1600m 前3F、後3F

    新潟芝1600m 枠別成績

    新潟芝1600m 脚質別成績

    脚質シェア率

    新潟芝1600m 前走距離別成績

    同コースより成績が良いコース

    新潟芝1600m 人気別成績

    新潟芝1600m 騎手成績

    新潟芝1600m 調教師成績

    新潟芝1600m 血統成績

    新潟競馬場 芝1600m まとめ

      • 速い流れからの追い上げができる馬に注目
      • ハイペースで流れ前良ラップ傾向が強い
      • 狙いたいのは配当が美味しい差し馬
      血統を馬券に反映できていますか?

       

      血統は穴馬を見つけるのに優れた予想材料と言われています。

       

      競馬評論家・亀谷さんの新作血統本は「1頭の種牡馬を覚えるだけで競馬は勝てる」をコンセプトに馬券に反映させるノウハウが満載!

       

      • 血統のどこに注目すべきか?
      • 血統で見つける競走馬の適正
      • 馬券に反映させるノウハウ

       

      血統初心者・必読の一冊!