新潟芝2200m過去データ8年から読み解く傾向

 

JRA-VANデータラボのデータベースを利用したTARGET frontier JVにて、過去8年分(2012年〜2019年)のデータを使い新潟芝2200mコース傾向を分析しています。レース予想の参考にどうぞ。

 

重賞レース
  • 重賞レースは設定されていません。

2019年ー10R

 

内回りを利用し新潟にしてはややタフ。スタンド左側からスタートし最初のコーナーまでは約640mで、起伏はそこまで激しくありません。クラスや展開でペースは変わってくるものの、本質的な適性は全クラスで差し、追い込み馬有利と言って良いでしょう。枠による有利不利もフラットと考えてOKです。差し有利な傾向は血統適性からも顕著に出ており、サンデー系の馬が好走しやすい。ただし、出走頭数が少ないレースが多く組まれており、そのようなレースでは内回りのメリットを活かした長く使う脚で先行勢がそのまま押し切る場面も多々見られます。人気と好走する馬がチグハウしがちなレースが多く、中穴を狙った予想ができるコースです。

 

  • レコードタイム 2分10.8秒

ダブルフラット 2018年8月5日 燕特別(500万下)

  • 過去最高3連単払い戻し金額 243万3,180円

2019年4月27日 3歳未勝利  勝馬→ロードブレス

スポンサーリンク

新潟競馬場 芝2200m 過去データ8年〜傾向

    過去8年の過去データを集計しました。データからだいたいの傾向を読み取ることができます。データは重要な部分のみを切り抜き見やすくしてあります。

    1着馬の平均

    新潟芝2200m 平均タイム

    新潟芝2200m 平均ラップタイム

    新潟芝2200m 前3F、後3F

    新潟芝2200m 枠別成績

    新潟芝2200m 脚質別成績

    脚質シェア率

    新潟芝2200m 前走距離別成績

    同コースより成績が良いコース

    新潟芝2200m 人気別成績

    新潟芝2200m 騎手成績

    新潟芝2200m 調教師成績

    新潟芝2200m 血統成績

    新潟競馬場 芝2200m まとめ

      • 差し、追い込み有利
      • サンデーサイレンス系は素直に信じる
      • 展開よりも馬のパフォーマンスが大事
      血統を馬券に反映できていますか?

       

      血統は穴馬を見つけるのに優れた予想材料と言われています。

       

      競馬評論家・亀谷さんの新作血統本は「1頭の種牡馬を覚えるだけで競馬は勝てる」をコンセプトに馬券に反映させるノウハウが満載!

       

      • 血統のどこに注目すべきか?
      • 血統で見つける競走馬の適正
      • 馬券に反映させるノウハウ

       

      血統初心者・必読の一冊!